2006年06月24日

種々様々〜リンク成功とか追悼とか

 というわけで。
 色々いじくった挙句、リンク成功!
 リブさんの、『SWG Life⇒EQ2 Life』。
 なんと職場の方が見ているのです。
 …………ものごっつ無謀です>己(自覚)。


 追悼、のこと。
 ここでも御紹介した、米原万理さん。
 5月25日に亡くなっていたそうです。

 家庭教師先から帰る途中、ふらふらっと本屋に入り、何か新刊無いかなー(と確認してブックオフに行く極道)と見ていた、ところ。
『米原万理・追悼』
 …………なにいいっ!?

 この人のエッセイを読んでいたから判る。年齢として、まだまだ『亡くなる』年齢じゃない(=片帆の認識からしたら、70歳以上)。一体なんで。というよりまじか。
 家に帰って、速攻ネットにて検索。
 ……本当でした。卵巣癌だったそうです。


 御父君が共産党員であり(貴族院の家を棄てるくらい本気であり、恐らく米原万理さんもそれを誇りとされていたんだろうな、と、著書を読んで推察)、そのために東欧の国で子供時代を過ごされて。
 そういう意味では己とは大きく政治的な方向性は違うと思う。ただ、それだからといってこの人の文章に反感を持ったわけではなく、むしろかえって『異なる立場、見方の人の文章』として非常に面白かった。

『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』という一編がある。
 米原さんがソビエト学校で出会ったアーニャ。思春期前期の少女としては不思議なくらい安定した精神の持ち主で、友人の為なら本気で怒ることが出来る子で、だけどあっけにとられるほどの嘘つきで、共産主義から逸脱した贅沢の中にある生活を当然とする子。
 彼女の描く中東欧諸国の子供達とその現状。それは言わば内部から見た共産主義の矛盾や醜さも含み、でも同時にその理想とするところをも表している。特に『様々な能力(特に芸術分野)をその社会が愛し、大切にする』ことについては、何度も記述があったように思う。
 ……ただ、同時に、その社会が『ルイセンコ主義』に振り回され、反論する科学者達(彼らの能力もまた『愛し大切にされるべき』対象であると思うのだが)を社会的にも実際的にも葬っている。
 そう考えると、あくまで『政治に関わらない』立場の人々が、愛されたのかとも思う。
 まあ、ここらは余談。

 元物理学科の珍妙なたとえかもしれないけど、米原さんのエッセイは、言わば『実験物理』のエッセイであるように思う。
 理論物理と実験物理。鉛筆と紙、そして頭脳を主な道具とし、誤差の無い世界を構築する……まあ、大袈裟に言えばそういうのが理論物理。対して実験物理となると「信じられんわー、これ、野球のグラブはめてビーズを仕分けてる気分になる」……くらいの誤差が入るという(当時の友人談。ちなみにその誤差の由来は、彼女の作成した実験機械のはんだの部分にある、とは彼女の自己判断であった)。
 主義主張というものは、それ自体だけなら、どれほどでも綺麗に構築できる。そしてそれは一見もっともらしい。方程式を辿って最後の式に行き着くように。
 けれどもその主義主張を持って生活し、それを体現しているのは『人間』である。そこには当然『思うがままにならない部分』もある。まるで実験物理の誤差のように。

 嘘つきであるのに真摯で友達思いで愛される人。
 それでいて彼女は、彼女の最も嫌う筈の『階級の特権』の上に生きていること。

 それらが全て両立していること。
 主義主張そのものではなく、それを持って現に生きている人間を描いていること。
 そのことが、米原さんのエッセイの根本にある。そんな風に思う。


 ……よって。
 ほんとにこのやろーなんである。
 このやろー、米原さんのエッセイや物語、あの人の文章が読めないなんて。
 このやろーーっ

(……って、アシモフさんの時も同じようなこと言って騒いでた覚えがあるなあ……進歩の無いこと)。

posted by 片帆 at 13:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
前もブログ書いてたんですけど、また始めてみました♪
ぜひ、よかったらコメくださいな★
Posted by モコたん at 2006年06月24日 14:06
ふふふ・・・リンク貼ってくれてありがとうごじゃじゃじゃ アリガト♪(*゚ 3゚)/~♪

顔を知られても仕事場と変わらずアホーな文面を書いていきますのでこれからもよろしくおねがいします〜☆
Posted by りぷ at 2006年06月26日 18:17
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 19:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。